自然 癒し 超自然の力






自然をも癒す超自然の力



◎土壌や植物を活性化し、人の体を癒すMRE新酵素

自然環境から女性の美容まで、様々な分野でMREの力が発揮されています。



MRE新酵素を花に与えると、

その花は大きく、何度も、花開きました。




MRE新酵素の有用性を実証するための試験・実験を行っています。

その一例が、花(植物)を用いた実験です。

同じ種類の花の鉢を2つ用意し、一方だけに新酵素を与えて育てたのです。

すると、その鉢の花は、普通に育てた方の何倍も大きく育ち、さらに1シーズンを終えた後も、何度も開花しました。.



◎健康、美容・・・自然治癒力に働きかけて、健康や美しさをサポートします。



MRE新酵素は、今、注目されている酵素の中でも、さらに幅広い働きを持つ酵素です。

人の体本来の自然治癒力にアクセスし、対処療法的に働くのではなく、体質改善に役立ちます。

そのため、ドリンクや化粧品への利用など活躍は広がり、その実力は徐々に知られるようになっています。



◎農業・・・MRE自然免疫活性化農法で作物を育てます。



“作物を甘やかす農法”から“生命力を増強する”農法への転換です。




MRE自然免疫活性化農法は、植物の自然免疫力を高めて植物に強い生命力を高めて植物に強い生命力を与える農法です。

強い生命力のおかげで、病気や気候変動に強く、塩分や雑草に打ち勝つようになります。

また、米国で発達した「有機農法」と異なるのは、有機肥料を極力少なくすることができることです。

なぜなら、植物自体の自然免疫力を高めることで、自ら必要なミネラルやリン酸などの栄養を作り出す力を持つからです。



自然環境から健康、女性の美容まで、さまざまな分野で、MREの力が発揮されています。







■新酵素の働き


MRE 新酵素




MREが生んだ、新酵素。

MRE新酵素は大自然と科学の融合で
誕生した酵素です。





MREが生んだ新酵素とは?


体内酵素には”消化酵素”と”代謝酵素”があります。

”消化酵素”と”代謝酵素”は生成元が同じであると考えられているため

”消化酵素”と”代謝酵素”は一定の生産能力と言えます。

つまり”消化酵素”を大量に使用すると ”代謝酵素”の生産能力が落ちてしまいます。

私たちの廻りには様々なストレス因子 (薬品・添加物・ジャンクフードetc)が存在しています。

このような中で暮らす私たちは”消化酵素”を過度に消費する生活をしてしまいがちとなり、

結果的に”代謝能力”が低下し老化が早く進むこととなってしまいます。

この代謝能力低下を防ぐためには食生活の見直し(消化酵素を多く含む食品の摂取)が必要となります。

そしてもう一方では長年の食生活の中で既に溜まってしまった

細胞内のゴミ掃除(不良蛋白質)が重要となります。

MRE新酵素は自然免疫を活性化し細胞内解毒

(デトックス)を促す特徴を持った新物質です。




体内酵素の生成量
生成量は一定?


体内酵素 消化酵素 代謝酵素


【体内酵素節約生活】

 ↓

魚や卵などの動物性蛋白質20%、

生野菜、果物、海藻等 30%、

玄米などの未精製の穀物 50%  




消化酵素 20%、 代謝酵素 80%


【体内酵素無駄遣い生活】

 ↓

暴飲暴食、ストレス、加工食品、

化学物質、不規則な生活習慣 等


 ↓

消化酵素 80%、 代謝酵素 20%




現代人に、MRE新酵素!!








■こんな時に新酵素

酵素不足度をチェック   



体内酵素の働きが低下すると、こんなサインがでてきます。

□かぜをひきやすくなった。

□筋肉痛や関節痛、腰痛がある。

□便秘や下痢、悪臭のある排便が続く。

□最近肌荒れがひどくなった。

□不眠でなかなか寝付けない。

□冷え性でつらい。

□食欲がなく、吐き気や胃痛がある。

□胸やけや胃もたれがしてげっぷがよく出る。

□目が疲れやすく、かすみ目もある。

□頭痛があり、頻繁に耳鳴りがするようになった。

□抜け毛が多く、頭髪が薄くなってきた。

□シミやシワが目立ってきた。

□体重が増えてきた。もしくは、急に体重が減った。

□手足がしびれる。

□むくみやすくなった。

□すぐ疲れるし、めまいがする。

□食物アレルギー、アトピー、ぜんそくなどの持病がある。

□にきびがなかなかなおらない。

□お酒が弱くなってきた。

□集中力がなく、イライラしやすい。


いかがでしたか?

当てはまる項目が多いほど注意が必要です。

酵素の補給をおすすめします。








■MREの特徴


新酵素 MRE菌分解代謝物質




新酵素の特徴



MRE菌分解代謝物質の特徴


マクロファージ活性について
(特許資料より抜粋 国際特許公開番号WO/2010/095463




MRE菌とは



MRE菌とは5種類からならる共生菌群・・・従来の菌とは違い個性的に変化した独自の菌群です。

[0065]

ここで、本発明を具体的に説明すると、本願発明は、上述したように、高濃度培養することなく菌体分解して十分な効果を発揮する優れた免疫賦活物質を生成するMRE共生菌群という新規の微生物共生菌群を発見し、それを利用した免疫増強組成物を提供するものである。

そして、このMRE共生菌群は、好気性グラム陽性菌および好気性グラム陰性菌からなる5種類の菌から構成されている。

これらの菌群は単なる自然に存在する菌の混合物ではなく、様々な土壌菌と海産物に付着した菌を長期間培養し続けた結果、当初の菌の激しい生存競争を経て、その競争の中で互いの役割分担を見出し、さらに菌の変異または進化に伴って安定的に変化し出現した個性的な5種類の菌から成る共生菌群である。

MRE菌分解代謝物質



[0092]

このようにして得られた低分子複合リガンドは、次のような分子量分布を持つオリゴペプチド、一本鎖のRNA低分子分解物、オリゴ糖鎖や糖脂質、MDP(ムラミルジペプチド)類似物質およびフランジェリン分解物などが含まれている。

※この時点にて分子量は97.5%以下となり超低分子物質となり、一般的な量を計ることは困難を極めます。

MRE 分子量分布 MRE菌



マクロファージ活性



最近の研究によりマクロファージには幾つかのセンサーが存在し、そのセンサーの働きにより異物(ウイルス等)の遺伝子レベルまでの分析を行いT細胞にその情報を伝達していることが判明しています。

そのセンサー(TLR)をMRE分解代謝物質が直接刺激し活性化させます。



[0111]

自然免疫受容体(TLR、NLR、RLR)の活性化  このMRE複合リガンドは、自然免疫の受容体であるTLR−2,TLR−7,TLR−8とNLR−2を含むNLR群が活性化させることが網羅的なDNA動態解析によって確認された。

TLR−2は、細胞表面に存在する自然免疫の受容体で、グラム陽性菌のペプチドグリカン、リボテイコ酸、リボ蛋白質、ウイルスの糖蛋白、真菌の多糖類などを感知する。

MRE複合リガンドでは、分子量1000以下のMDP様のペプチドグリカン分解物が作用している。

MRE菌分解物質 TNF-α産生

※MRE分解代謝物質は、炎症を抑制しながら自然免疫を活性化します。

※TNFは、(TumorNecrosisFacterの略で腫瘍壊死因子といわれる)はマクロファージが造りだすサイトカインの一種です。










●“MRE新酵素(MRE菌醗酵分解物質)”
自然免疫リガンド⇒MRE新酵素






●“MRE新酵素成分スキンケア”

MREディープインスキンケアシリーズ




家族 健康 幸せ

みんなが本来持っている「元気になる力」=「自然免疫力」を高め、

がん・高血圧・糖尿病・肥満・アレルギーなどの生活習慣病感染症

のリスクを軽減し、細胞レベルで元気に若々しく生きることのお手伝いを

実践しています。


病気にならず、年齢を重ねても若々しく、そんな生き方を応援します。