目の働きについて

 言うまでもなく 目の働きは「ものを見る」という事です。
 
 人は朝、目が醒めると、五感通じて情報を収集します。

当然耳や鼻、触覚による情報収集も行うわけですが、情報収集量が一番多いのが目で見る事です。

しかも、目の働きは単にものを見るだけではありません。

古くからのことわざに「目は心の窓」とあるように、目を通じて自分の感情や意識を伝えるという働きがあります。

アイコンタクト

つまり、ものを見るということには、

1)物の形や大きさを見極めて判断する「視力」
2)光を感じ、その強さを判断する「光覚」
3)色を見分ける「色覚」
4)一点を注視してみる「視野」

の要素が含まれると同時に、それらを総合し、他人とのコミニュケーションを図るという働きがあります。

しかし、目が疲れ、目の病気にかかったとき、とりわけ視力障害が起こったときには、怒りっぽく神経質になりやすくなります。

なぜなら、見る事が出来ないことによって外の状況が把握できず、自分の気持ちや考えを伝えにくくなることによって、心と心の交流が阻害され、大きなストレスになるからです。


(鯉魚胆の謎を解くより)

********

ニューアイリタン





現代人の目は疲れてる

 疲れ目は、専門的には「眼精疲労」といい、長時間同じ作業を続けたり、目を使い続けることで起こって来ます。

これは、身体の疲労とも良く似ていますが、同じ作業を繰り返し、酷使することで疲れがどんどん貯まってくるのです。


それでは「眼精疲労」の原因はどのようなことがあるのでしょうか。

1)ドライアイ、目が乾燥する状態によるもの(60%)

2)近視、遠視、乱視などの屈折異常や調節力障害によるもの(40%)

2)緑内障などの目の病気を合併している時などが考えられます。


目の構造 水晶体 硝子体 房水 水分


(1)ドライアイについて

●原因

私たちの目は、まばたきをすることで目の表面を涙で潤し、目が乾くのを防いでいます。

しかし、連続してものを見続けると、まばたきの回数が極端に減って、涙の量も減っていしまい、目の表面をおおう涙の膜が不安定になります。

この状態で長時間目を使っていると、目はさらに乾燥し、ドライアイとなってさまざまな病状を引き起こします。

 また、年をとるとシワが増え、皮膚が乾いてくると同様に、涙も少しずつ減って来ます。

一般には涙の量にもバランスがあり、普通は問題にならないことが多いのですが、バランスが崩れることでドライアイになることがあります。

 涙の量が少ないと、目に入った異物を洗い流すことができません。

ドライアイになると多くの人がその症状で悩んでいる花粉症のように、目に入った花粉を洗い流すことができずに、「目のかゆみ」がいつまでも続くことになります。


●病状

 ドライアイになると、

1)目が疲れやすくなる
2)本を読んでいるとショボショボとなる
3)目がほてってくる
4)目がかゆくなる
5)目ヤニが多く出る
6)白目が充血する
7)たばこの煙で目がしみる
8)朝、まぶたが開けにくい
9)涙が出にくく、目が乾いた感じがする

 などの病状が見られ、パソコンやテレビを見ていると、まぶしくなったり、疲れがひどくなって、字がぼやけてくるようになります。

・・・つづく


(鯉魚胆の謎を解くより)

********

ニューアイリタン





(2)近視、遠視などの屈折異常について

●近視について


 目に入ってきた光は、角膜と水晶体を通り屈折して、網膜に像が写し出されます。

目はピントを合わせるために毛様体で水晶体の厚さを調節し、虹彩で光の量、を加減します。

 近視は屈折異常の一種です。

目に入ってきた光が網膜の手前で像を結んでしまうので、物がぼやけて見える状態です。

 原因としては幾つか考えられますが、

1)眼軸の長さが長すぎる場合、2)角膜、水晶体の屈折力が強すぎる場合、などがあげられます。

 一般的に成長過程で近視になる場合が多いのですが、環境も影響されると考えられています。

勉強や読書、テレビの視聴やコンピュータゲームなどで、近くを見る作業を長く続けていると目が疲れ、近視になりやすいといわれています。

また、親が近視の場合、子供が近視になる可能性は比較的高く、遺伝的な要素が複雑にからんでいると考えられています。


●遠視と老眼

 遠視と老眼は、どちらも凸レンズの眼鏡を使用するので、混同されがちですが、原因が違います。

遠視は遠いところを見るときの屈折異常です。

しかし、老眼はだれもがなる“目の老化”です。

私たちの目の中で、水晶体はカメラのレンズに相当する働きをします。

レンズとして光を集め、ピントを合わせる機能は加齢とともに低下し、水晶体の弾力性が弱まり、近いところを見る際に網膜にピントが合わなくなるという現象です。

この症状がいわゆる老眼です。

 老眼の症状は、多少の差はありますが40歳前後から現れる、近いところをみるときだけの問題です。

しかし、近くが見えにくくなっているのに無理していると、肩こりや目の疲れ、頭痛や吐き気などの症状が現れ、体調を崩す原因ともなります。

老眼鏡などをかけたりして、できるだけ目をいたわることです。




(鯉魚胆の謎を解くより)

********

近視の場合、近くばかり見ているようだと、時々遠くの山を見たりするのも良い目の体操になりますね。

老眼の場合ですが、最近、アイリタンを愛飲のお客様に、メガネがいらなくなったありがとう〜!と感謝の言葉を言っていただきました。

肝腎が強化され、目の老化のスピードが抑えられたのでしょうね。




ニューアイリタン







(3) 緑内障とは

 緑内障とは、視神経が障害されることで、視野が狭くなる病気です。眼圧の上昇がその病因といわれています。

 眼球の中で血液のかわりに栄養などを運ぶ「房水」とよばれる液体がたえず作られています。

この「房水」の圧力で目の形状が保たれています。

これを眼圧と呼びます。

このような「房水」は眼球内でほぼ一定の量で保たれています。

ところが「房水」出口の目詰まりや働きの低下で、つくられる量より出ていく量が減ってくると眼球内の圧力(眼圧)が高まり、視神経を傷つけるのです。

 日常生活においては、ものをみる場合は両目でカバーするため、異常に気づかないことも多く、暗点が拡大し、見えない範囲が広がり、視力も悪くなって日常生活に支障を来すようになって、初めて気付くことが多いようです。


緑内障 視野狭窄 血管の目詰まり 血液ドロドロ


・・・つづく(次は老人性白内障について)


(鯉魚胆の謎を解くより)

********

 
 緑内障は、視神経が障害されて視野が狭くなる病気で、進行すると視力低下や失明に至ることもあります。

原因としては眼圧が関係していると考えられていますが、最近の統計では、眼圧が正常範囲内でも緑内障が起こる割合が高いことが分かっています。

房水の流出が妨げられると眼圧が上がる。

原因は静脈の血行不良による毛様体のむくみ!


新五浄心 トウサンサイシン スイテツ


ニューアイリタン







(4)老人性白内障

 老人性白内障は、超高齢化による平均寿命の延長による高齢者の増加に伴って、今後ますます増加が予測される目の病気です。

 水晶体は本来透明で、網膜に光を集めて物の像を結ぶ働きを持っています。

しかし、その水晶体が濁ってくると、網膜に像を結ぶ働きが弱り、ものがかすんで見えるようになります。この水晶体の濁った状態を白内障と言います。

 老人性白内障になると、

1)ものがかすんで見える、

2)濁った水晶体の部分で光が反射するので、光の強い戸外や逆光ではまぶしく、見えにくくなる。

3)高齢になるほど水晶体が黄色に着色し、水晶体の濁りが加わると、暗い所ではものが見えにくくなる、

4)ひとつのものが二つ、三つに分かれて見える。

などの症状が見られるようになります。



(鯉魚胆の謎を解くより)

********

水晶体はなぜ濁るのでしょうか?



目玉焼きの白身は、熱によってタンパク変性し、透明から白くなりますが、目の場合は活性酸素が原因なのです。

目玉焼き 酸化

白身=水晶体、熱=活性酸素と置き換えてみるとわかりやすいですね。




水晶体は、33%がタンパク質です。

このタンパク質が、活性酸素によって、じわじわと変性することで、混濁していきます。

ですから、活性酸素除去することが大事なのです。

これで、ひとまず症状の進行を食い止めましょう。

同時並行して、活性酸素が発生しない環境づくりと、細胞が生まれ変わりやすい環境づくりが大切です。



白内障 活性酸素 白く濁る



サメミロン スクアレン


ニューアイリタン







大切な目の健康を保つために

〜目の健康対策〜

目の健康 目玉おやじ

自分自身でできる日常の目の健康対策としては、つぎのことがあげられます。

(1)できるだけ目を休めること。

(2)目が疲れたら、目の周りの血行を良くするため、温かいタオルを目に当てて、疲れをとります。

(3)注視したり凝視することによって眼球筋が疲労し、眼精疲労を起こしているので、“眼球体操”などを行って、筋肉をリラックスさせること。


(4)目の周囲の血行を良くするため、目の周囲を軽く圧迫(清明というツボならより良い)したり、マッサージをする。

(5)テレビやパソコン等の画面を見るときは上から見おろすようにする。

(6)部屋の空気は加湿器等で湿度60%に保つ。

(7)夜更かしをしないで早く寝る。

(8)飲酒、喫煙はしない。

(9)リラックスしてストレスを貯めない。

(10)人口涙液や保湿性を保つヒアルロン酸ナトリウムの点眼液などを用いて、ドライアイを予防する。


など、多くの対策と予防があります。





(鯉魚胆の謎を解くより)

********



ニューアイリタン







目の美容と健康に良い食べ物


 今、アメリカの眼科では、目の病気の予防や治療に食事指導が重要なポイントになっています。

お肌は内臓の鏡・健康のバロメーターといわれますが、目にも同じことが言えます。

 目の使いすぎによる眼精疲労や目の病気の予防と治療には、合理的なサプリメントの摂取も有効な手段となるでしょう。

手軽に栄養を補給して効果をあげる栄養補助食品が完成しているのは大変便利な事です。



●栄養補助食品(サプリメント)

(1)目の病気に効果のあるビタミンA、B1、B6、B12やアントシアニン、抗酸化ビタミンであるビタミンCやDなどを摂取する。

(2)目だけでなく、全身を強くして、健康にし、目にも良い効果をもたらすようにします。

漢方医学では、目は五臓の中でも肝臓、腎臓と深い関係にありますので、その機能を強化する塊茎地黄茎茶、クコ茶、菊花茶等を食べると良いでしょう。

これは視力増強のみならず、目の老化防止や白内障にも有効な成分を含んだお茶です。


(3)病んでいる臓器には、動物の同じ臓器を食べることで治します。

中医の治療法に則ったもので「鯉魚胆」を食べることが良いといわれています。

鯉の肝は目の充血や腫れ、疼痛、神経痛や角膜の病気にも効くといわれています。


(4)八つ目うなぎにはタンパク質やビタミン等が多く含まれているため、人体の五臓を補い、目のも栄養をもたらすといわれています。

(5)高麗人参は元気を補います。
精神安定と視力増強作用があります。

(6)三七人参は、活血・止血等両作用をもち、全身の血行を良くし眼底出血の予防と治療、白内障、緑内障、炎症、高血圧に効果があります。

(7)フカヒレ軟膏濃縮末を含有するコンドロイチンが、目の水晶体の水分補給に役立ち、老人の網膜剥離の予防や、皮膚や関節の老化防止にも役立っています。





(鯉魚胆の謎を解くより)

********



ニューアイリタン





漢方で使われる目によい食品


「鯉魚胆」以外で目の健康によいといわれる食品の主なものを、次に紹介します。

(1)真珠貝末(珍珠)

●カルシウム補給
 体液バランス調整

 真珠貝末の天然カルシウムは、主成分の炭酸カルシウムと多くのミネラル類を含むと同時に、真珠貝末特有のコンキオリタンタンパク質も豊富に含んでいますので、吸収のよい良質のカルシウムが得られます。

 また、中国では唐の時代から、真珠が心や肝の熱を取ることができるため、目の充血や痛み、角膜混濁などの目の疾患に用いられました。


(2)高麗人参

●視力増強  ●五臓強化

 高麗人参には、人参特有のジンセイサイドというサポニン類が数多く含まれており、健康を維持する各種の機能を持った伝統食品です。

 この高麗人参も「神農本草経」に「五臓を補い、精神を安んじ、魂を定め、驚を止め、邪気を除き、目を明らかにし、心を開き、智を益し、久しく服すれば身軽く、年及ぶ」と記述されており、さらに明目作用(視力増強作用)があることも同様に、はっきりと記されています。


(3)エビスグサ(決明子)<ハブ茶、弘法茶>

●視力増強

 エビスグサは、すでになじみ深いハブ茶として知られた古い薬草で、南アジア各地および日本で広く栽培されています。

エビスグサの種子を(決明子)といいますが、これは種子を長く服用すると「壮健になり、目も明らかになる」という視力増強作用があるという意味からです。

近年、その血圧低下、血中脂質減少作用が注目されています。


(3)三七(田七)人参(金不換)

●活血防止両用

 三七人参は、目及び全身の血行を改善し、眼底出血の予防と治療に大きな役割を果たします。

 中国の人々は高麗人参の仲間である三七人参のことを金に換えられない貴重なものとして、別名“金不換”の名で広く愛用しています。


(4)クコ(枸杞子)

●肝・腎臓強化

 一般に、芽はおひたしや和え物・クコ茶・果実は、クコ酒などにして食されます。

 また、医学、薬学の書物には、「クコは、肝臓や腎臓の働きを促し、元気をつけ、視力を増進させ・・・・・・」と述べられています。


(5)蜂蜜(石密)

●目の疲れ・ミネラル、ビタミンなど

 タンパク質、ミネラル、ビタミン類をバランス良く含むと同時に酵素や花粉・アセチルコリンなどが含まれ、非常に栄養価の高いミツバチの贈り物です。

 成人病などに有効なのはもちろん、その優れた疲労回復効果により、疲れ目などにもすばやく対応します。


(6)八つ目鰻(七星子魚)

●ビタミンA ●夜盲症

 八つ目鰻は、我が国でも昔から、目の悪い人や体の疲れにとても良いとして、長く食用にされてきました。

私たちの食生活では知らず知らずに不足しがちなビタミンAやカルシウム・鉄・リンといった栄養源を特に多く持っています。

 ビタミンAが夜盲症に治療効果が高いのは広く知られていますが、その他の目の網膜や粘膜が乾燥するのを防ぎ、うるおいのある生き生きした眼を保つ効果もあります。


(8)食用菊(菊花)<菊花茶>

●目の疲れ・高血圧

 昔の人は、菊を食べると長生きができると考えていました。

そこで、それのまつわる多くの伝説や物語がのこっています。

 また、生の菊を食べたり、煎じて飲むと目に良いとされています。

日本酒に漬けて数日おいてから飲んでも、目を明らかにし、耳をよくするといわれています。


(9)カイケイ地黄の茎茶末(懐慶地黄)

●補血強壮

 中国では漢方生薬として古くから使われてきたゴマノグサ科の植物。

五臓を充たすと言われており、補血、強壮、腎機能を高め、貧血および虚弱症などに応用されています。


(10)オオバコ(車前子)

●緑内障

 日本でも、オオバコ茶として親しまれ、古くから飲用されていますが、「神農本草経」の上品には車前子と称し、利尿促進、明目(目を明らかにする)、強壮、湿熱、利尿等の効果があると記され、道端に自生する生命力の旺盛な植物です。


(11)サンシュユ(山茱萸)

●血圧安定

 中国の淅江省が主産地で「山萸肉」と称され、日本でも奈良県でわずかに産出されるグミ科のアキグミの果実で、「神農本草経」の中品には利尿、血圧などを始めとする効が記されています。

元気を補い、腎を温め、精を固める植物として用いられているものです。


(12)フカヒレ軟膏濃縮末(鮫魚翅)

●水分補給

 食用コンドロイチンを含み栄養豊富な食品、不老長寿の妙薬とされ、目の水晶体の水分補給に役立ち、老人性網膜剥離の予防にもなり、若返りの元とされています。




(鯉魚胆の謎を解くより)

********



鯉魚胆をはじめ、真珠貝末、高麗人参、エビスグサ、三七人参、枸杞子、蜂蜜、八つ目鰻、
菊花、カイケイ地黄の茎茶末、オオバコ、サンシュユ、フカヒレ軟膏濃縮末等目に良い素材を配合した、自然健康食品「ニューアイリタン」↓



ニューアイリタン