サメミロンの試験結果


深海ザメ スクアレン
((『より深くスクワレンの謎を解く』〜生命の維持に必要不可欠な物質〜)より

 サメミロンはスクアレンより成る健康補助食品です。
サメミロンを用いた試験は、in Vitro(試験管内)培養細胞試験、ヒト試験、臨床治療試験など極めて広い範囲で行われています。その一部について以下に概要を紹介します。

(一)in vitro 試験、
 1 癌細胞のDNA損傷チェックポイント制御

  新潟大学応用生命学 西田浩志、小西徹也 新潟バイオリサーチセンター 池川信夫

 癌の放射線治療法や化学療法に対する耐性メカニズムのひとつとして、DNA損傷チェックポイントが挙げられ、チェックポイント活性を制御することで癌治療の効果が高まることがわかっている。
癌細胞の培養培地にサメミロンを添加すると、Wip1と呼ばれる脱リン酸化酵素の発現が誘導された。このWip1がチェックポイント監視因子であるATM(毛細血管拡張性運動失調症原因遺伝子)のはたらきを抑えた()。

 このことからサメミロンはWip1の発現を誘導することによりチェックポイント活性を制御し、癌細胞の致死率を上げることがわかった。

(二) ヒト試験
1 血流改善試験
 東京KS研究所

 健康成人男子5名(36〜71歳)から静脈血を採取し、一定血液量(100µⅼ)のフィルター[MC−FAN(Micro Channel array Flow ANalyser)]通過時間を計測した。サメミロンは各被験者とも3mlずつ摂取し、フィルター通過時間の計測は摂取前、摂取1時間、2時間後とした。なお試験前及び試験中の水の摂取は特に制約せず、普通の通りとした。

 その結果サメミロン摂取1時間、2時間後とも、摂取前に比べて通過時間は短縮され、1時間後には差(P<0.10)がみられた()。

このことからサメミロン摂取により血流が改善されることがわかった。


(三) 臨床試験
1 慢性胃炎の治療
  国立熱海病院 中島修、黒川香  金沢大学生命科学 池川哲郎

 慢性胃炎は日本人に最も多発する疾患のひとつである。この疾患は慢性の経過を経た後、胃癌に進展するとされている。
その原因については諸説があるが、近年胃粘膜において増殖するヘリコバクターピロリ菌(HP)が主要な原因細菌といわれ、その対策が種々行われているが、その有効性は不明である。そこで深海ザメの肝臓主要成分であるスクアレン(サメミロン)による慢性胃炎に対する臨床的効果とHPへの影響を検討した。

 慢性胃炎と診断された成人25例に対して、サメミロン1日6カプセルを3回に分けて摂取させた。投与期間は6ヶ月とし、その前後で自覚症状の変化、胃内視鏡観察、HPの定量を行い以下の結果を得た。

・自覚症状の改善率ではすべての症状が高率に改善し、特に吐気、嘔吐、腹部の不快感は100%消失した(図4)。
 また自覚症状消失までに要した日数は嘔吐、心窩部痛ではいずれも2週間以内であった。
・胃内視鏡では6ヶ月後の累積治癒率は92%(23/25例)であった。HPの消失は全症例で認められた。また血清抗体価も減少の傾向を示した。
 胃癌に進展するといわゆる胃炎の発癌原因としてHPの存在が強く示唆されているが、このHPフリーラジカルを産出し、胃粘膜障害を起こすといわれている。サメミロンはこのフリーラジカルの分解または不活性化作用を有することが、これまでの研究によって明らかにされている。今回サメミロンの投与により、胃炎、すなわち胃粘膜障害が改善または消失(治癒)する機序もサメミロンのフリーラジカル消失作用によるものと考えられる。

 [結論] サメミロンはHPの発育を抑制し、これらの作用により慢性胃炎および胃潰瘍の改善に最も適した健康食品と言える。


2 慢性C型肝炎の補完医療
 日本血液センター 曽根美好 山王病院内科 中島修 日本統合医学研究会 池川哲郎

 慢性C型肝炎治療の第一選択薬はインターフェロンであるが、その有効率は30〜40%と低く、C型肝炎ウイルスのりょうやインターフェロンの副作用などのために適応し難い例が多い。そこで、小柴胡湯、セファランチン、サメミロンを用いて慢性C型肝炎症例に対して治療した結果を報告する。

  慢性C型肝炎症例99例を3群に分け、小柴胡湯、セファランチン、サメミロンをそれぞれ50ヶ月間投与し、この間血清トランスアミナーゼ(ALT,AST)、肝線維マーカー(P?P、?型コラーゲン)、HCV(ウイルス性C型肝炎)−RNAを定量した。

 この医療後、次の結果を得た。

・各指標はいずれも投与前値と比較し、投与後には有意に低下した(図5)。しかし群間に有意差は認められなかった。

・有効率(著効+有効)サメミロンで59.5%、セファランチンで52.4%、小柴胡湯では62.0%であった。3群間において有意差はなかった。

[結論] サメミロン、セファランチンおよび小柴胡湯はいずれもHCVによって進展する慢性肝炎→肝硬変→肝癌の過程を抑制するうえで、極めて有用な補完医療の手段である。

〜人間の体を構成する細胞〜  深海ザメ スクアレン
((『より深くスクワレンの謎を解く』〜生命の維持に必要不可欠な物質〜)より


 近年、食生活の欧米化や自然環境の破壊による大気や水の汚染、仕事や人間関係の複雑化によるストレス過多、車社会の進展による運動量の減少など、体内の必要酸素が足りなくなる要因が増えています。

そこで不足しがちな酸素を補ってやることが健康維持、病気予防の最も効果的な方法といます。

 私たちの体は、約60兆個という細胞によって構成されています。
 
その細胞は絶えず新陳代謝を行い、また分裂しておいくことで新しい細胞を作っています。

この細胞は片時も酸素無くして生きてくことはできません。

そのいい例が呼吸です。

食事は一週間摂らなくても生きていけますが、呼吸は数分間できなければ、死なないまでも重篤な脳障害を引き起こします。

このような極端な例ではなくとも、酸素が欠乏すれば細胞のはたらきが弱くなり、病気にかかる確率が高くなります。

 かつて、野口英世博士は、

「人間の病気、体内の痛みというものは、細胞が酸欠で死んでしまうというものは、細胞が酸欠で死んでしまうから起こるものだ。

だからまず酸欠を治すことが大切なのだ。

体内に酸素を送ってやるのは赤血球の中のヘモグロビンである。

だからそのヘモグロビンの代替え品を探せ!」

という示唆をされたそうです。

このことは酸素の重要性を示すという点で今日でも生きている言葉です。


 ヒトの赤血球の中のヘモグロビンの量は、50歳を超える頃になると25歳頃に比べて実に70%くらいにまで減少するといわれています。

それだけ酸素を摂れなくなってしまうために、病気になったり老化したりしまうのです。



サメミロン




お問い合わせ(メールコチラからお気軽にどうぞ

お電話⇒ 0955-62-2307







 

〜スクアレンとは〜      深海ザメ スクアレン    

スクアレンは本来体内で作られている物質で不飽和炭化水素よりなるものです。

リンパ節や骨髄、副腎、肝臓、皮膚などの免疫担当細胞に多く分布し、生体防衛力を強めます。

また細胞賦活作用や抗酸化作用をはじめ、血流改善作用や皮膚防護作用なお生体にとって有用な多くの調整作用をもっており、生命の維持には必要不可欠な物資です。

 スクアレンは、皮下脂肪に最も多く分布しており、その量は性別や年齢によって差があります。

10代後半の女性に最も多く、この時期の女性の肌はスクアレンの恩恵を受けて細胞のはたらきが活発でイキイキとしており、潤いと弾力性に満ちています。

しかしスクアレンは25歳を過ぎると次第に減少し始めます。

化粧品のコマーシャルで「25歳はお肌の曲がり角」とうたわれていたのは、まさにこのスクアレンの挙動に一致します。



サメミロン




お問い合わせ(メールコチラからお気軽にどうぞ

お電話⇒ 0955-62-2307






〜★スクアレンとは[深海ザメ肝臓の主成分スクアレン]〜

   
 太陽光線が届くのはせいぜい推水深300メートルくらいまでで、500メートルにもなると光合成はできず酸素が生成されません。

深海ザメはこの酸素の少ない深海から海面まで急上昇してきて、酸素を十分に摂って戻っていきます。

 酸素が極めて少ない水深300〜1,000メートルの海水では、1平方センチメートル当たり0.1トンという強い水圧を受けます。

浮き袋もないのに深海から浮上してきてまた潜っていけるのはこの肝臓が浮き袋の代わりをしているからに他なりません。

またサメは自分でエラの向きを変えることができないために、エラの機能がもともと弱くなっています。

特に深海ザメの場合、酸素の薄い環境下で生息しているためにこのことは重要です。

これを補っているのが肝臓です。

この肝臓の中に酸素が取り込まれ、そのときにスクワレンが「酸素の運び屋」として活躍しているのです。

深海ザメ スクアレン 肝臓

 深海ザメの一種アイザメを例にとると、内臓が体全体の3分の1もあり、その8割が肝臓で占められています。

内臓のほとんどが肝臓というわけです。

そしてその肝臓の大部分がスクワレンから成っています。

超高圧の酸欠環境下で、3億年もしぶとく生き抜いてきた驚異的な生命の秘密が、実はこのスクワレンにあったのです。



サメミロン




お問い合わせ(メールコチラからお気軽にどうぞ

お電話⇒ 0955-62-2307




スクアレンの特徴的なはたらき深海ザメ スクアレン


スクアレンの主なはたらきは、酸欠が起こったところに酸素を補い、生体のはたらきの調節を行うところにあります。

このことに関連して次のような特徴的な作用を示すことが分かっています。


〜免疫調節作用〜

 スクアレンには体を防衛する免疫機構の活性化を促進したり、過剰になった免疫を正常化したりする免疫調節のはたらきがあります。

については転移と増殖を抑制する作用があり、それが免疫賦活作用に基づくという研究結果が国立がんセンター研究所から発表されて注目されました。

それはかなり前のことでしたその後米国癌学会(1999年、フィラデルフェア)でスクアレンが癌に効くという研究発表が行われ、改めて話題になりました。


 サメ肝油の成分であるスクアレンは、辻本博士が先駆けとなって研究した結果明らかにされたものですが、米国癌学会の発表には注目すべきものがあります。

すなわちタバコを吸えば肺癌になりやすいことはよく知られています。

それはダバコ特有のNNK(メチルニトロソアミノピリジルブタノン)という非常に強い発癌物質が関係していますが、スクアレンはその発癌作用を抑制してくれるというのです。

米国癌学会でのもう一つの発表では、難治性癌である膵臓癌にスクアレンが効くということを、ヒトの癌細胞をマウスに移植してその結果を示しています。

癌に関してはその他に腫瘍プロモーター(促進因子)の活性を抑制するという研究結果もあります。


 このようなスクアレンの作用は、T細胞(リンパ球)などの免疫担当細胞の活性を高めて抗癌作用を示すことが多くの研究者によって解明されてきました。また最近スクアレンがNK細胞(ナチュラルキラー細胞、リンパ球の一種)を活性化することもわかってきました。

 疫学調査では、スクアレンが多く含まれているオリーブ油をサラダ油として大量に摂っているイタリア南部では、オリーブ油摂取量の少ない北部よりも肺癌の死亡率が有意に低いという結果が出ています。

サラダ

 このようにスクアレンは重要なBRM(生体応答調整物質)であり、しかも生体内で作られている物質であることは、生命の神秘というか進化の遺産ともいうべきか、人間や動物の生命にとって大切な物質であることは間違いありません。



サメミロン




お問い合わせ(メールコチラからお気軽にどうぞ

お電話⇒ 0955-62-2307




スクアレンの特徴的なはたらき 〜細胞賦活作用〜深海ザメ スクアレン

 スクアレンは細胞の代謝を高め、体をイキイキさせます。

このことにより弱った細胞の回復や、傷ついた細胞の生まれ変わり(ターンオーバー)が促進されます。

 人間の体は約60兆個の細胞から成り立っており、一つひとつの細胞は細胞膜によって囲まれています。

したがって細胞膜がないと細胞は生きていけません。

この大事な細胞膜の主構成成分がコレステロールで、これはスクアレンから作られていることからも、スクアレンによる細胞賦活作用が容易に理解されます。



サメミロン




お問い合わせ(メールコチラからお気軽にどうぞ

お電話⇒ 0955-62-2307





スクアレンの特徴的なはたらき 〜抗酸化作用〜深海ザメ スクアレン

 スクアレンがリノール酸やオイレン酸の過酸化物生成を抑えることは以前から化学的に明らかにされていました。

また近年キネティックス(動力学―化学物質反応)研究から、スクアレンは紫外線によって発現する一重項酸素(活性酸素のひとつ)を除去する作用をもつことが明らかにされ、そのことよって過酸化脂質の生成を予防することがわかりました。



サメミロン




お問い合わせ(メールコチラからお気軽にどうぞ

お電話⇒ 0955-62-2307





スクアレンの特徴的なはたらき 〜血流促進作用〜深海ザメ スクアレン


 血液の循環不全スクアレンによって改善した例がたくさんあります。

これはスクアレンの摂取によって血球が柔軟性(Flexibility)を増し(赤血球変形能増大とのいう)、気のめぐりが良くなるために循環が改善されるものと考えられています。

スクアレンによって血流が促進されることは、ヒト試験においても証明されています。



●血流改善試験
  東京KS研究所

 健康成人男子5名(36〜71歳)から静脈血を採取し、一定血液量(100µⅼ)のフィルター[MC−FAN(Micro Channel array Flow ANalyser)]通過時間を計測した。

サメミロンは各被験者とも3mlずつ摂取し、フィルター通過時間の計測は摂取前、摂取1時間、2時間後とした。

なお試験前及び試験中の水の摂取は特に制約せず、普通の通りとした

 その結果サメミロン摂取1時間、2時間後とも、摂取前に比べて通過時間は短縮され、1時間後には差(P<0.10)がみられた。

このことからサメミロン摂取により血流が改善されることがわかった


・サメミロンの血流改善作用
サメミロン 血流改善作用 摂取前 摂取後







サメミロン




お問い合わせ(メールコチラからお気軽にどうぞ

お電話⇒ 0955-62-2307





スクアレンの特徴的なはたらき
〜血中酸素増大作用〜
深海ザメ スクアレン

スクアレンが「酸素を運ぶ」ことは語り継がれてきた有名な言葉です。

酸素の不足している状態呼吸器疾患、喘息、循環不全など)や酸素要求度の高い状態激しいスポーツ、登山、受験勉強、二日酔いなど)において明らかな改善効果があることが古くから知られていました。


このことは多くの使用事例に基づくもので、スクアレンの作用を示す基本になっています。

 今回のこのことを直接示すヒト試験データが独自に得られました。

酸素の吸い込み 効率の悪い呼吸器疾患を抱えた患者の血中酸素分圧が上がるというもので、これはスクアレンの酸素効果を直接示す、世界でもはじめての試験データです。



●血中酸素分圧増大試験
  吉林大学第一臨床医院 孔 倹

 第一臨床医院へ通院する呼吸器疾患患者5名(男性4、女性1、43〜61歳)にサメミロンを摂取せしめ、動脈血を採取し、酸素分圧への影響をみた。

各患者にはサメミロン8カプセルずつを摂取せしめ、1時間および2時間後に採血して、分圧測定器(AGILENT:アメリカ)にて酸素分圧を測定し、摂取前のそれと比較した。

 サメミロン摂取1時間および2時間後に、5名の患者の動脈酸素分圧はいずれも上昇し(それぞれ10.0%、25.1%)、サメミロンは血中酸素分圧を高めることが示された。

・サメミロンによる酸素分圧変化
サメミロン 酸素分圧変化 血中酸素増大

深海ザメ スクワレン 酸素

 


サメミロン




お問い合わせ(メールコチラからお気軽にどうぞ

お電話⇒ 0955-62-2307





スクアレンの特徴的なはたらき 〜解毒作用〜深海ザメ スクアレン



 スクアレンはこれまで述べてきたように、体のいとなみに対して良くはたらくというだけでなく、有害物質解毒(デトックス)し、排出を促進させる作用があることがわかりました。

 人体にはもともとあるていど有害物質を解毒し、排出する仕組みが備わっています。

体内に吸収された科学物質は主として肝臓代謝・解毒され再び血液やリンパ液で運ばれ排出されます。

分泌物の一部は胆汁などに溶けて便から、そして腎臓を介して尿からとして膚から、さらに呼気から排泄されます。

スクアレン解毒作用はこれを摂取することによって、BHC(殺虫剤)テオフィリン(気管支拡張薬)ストリキニーネ(中枢神経興奮薬)の糞中排泄が高まることが実験的に確かめられたことで示されています。

このようにスクアレンは肝臓や腎臓の細胞を賦活し、解毒の機能を高めてくれるので、大気汚染、水や食物に含まれる有害物質から身を護ることも期待できるのです。





サメミロン




お問い合わせ(メールコチラからお気軽にどうぞ

お電話⇒ 0955-62-2307