TOPICS

現代人の肝臓を守る栄養素の宝庫|オイスター

肝臓 栄養素 牡蠣 オイスター

現代人の肝臓を守る栄養素の宝庫!オイスター

★栄養素はバランスが大切★

 肝細胞はタンパク質でできているため、肝細胞を再生するためにはタンパク質が必要不可欠です。

よって、「高タンパク食をとる」ことをすすめた時代もありましたが、現代人はタンパク質、糖質、脂肪を過剰に摂取しているため、あえてタンパク質の摂取を意識しなくてもよくなりました。

 やはり現代で、肝臓を守る上で不足が心配されるのは、亜鉛、セレン、鉄などもミネラル、VA、VB1、VB6、VB12、VDなどのビタミンです。

 亜鉛欠乏を放置すると、肝硬変への悪化、乳酸、アンモニアなどの老廃物の処理能の低下による疲労感の増大が心配され、また、免疫力の低下が生じます。

 オイスター(牡蠣の英名)は亜鉛、鉄、セレン、マグネシウムなどのミネラル、VA、活性度の高いVD、VB1、VB12などのビタミン、天然タウリンなどの栄養素の宝庫です。


牡蠣 オイスター 栄養の宝庫


 栄養補給のポイントは、栄養バランスを整えるところにあります。

オイスターは、現代人の栄養バランスの偏りを補い、肝臓本来の働きを引き出す名パートナーです。






ワタナベオイスター


お問い合わせ(メール)⇒こちらからお気軽にどうぞ

お電話0955−62−2307






この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス(ブログには公開されません):

ホームページURL:

コメント:

認証(表示されている文字列を入力してください):
oy5n