TOPICS

つわり・味覚の変化は栄養不足のメッセージ|牡蠣肉エキスオイスター

お母さんへのメッセージ(1)

最近、風邪を引きやすくなった・・・・・・。
つわり・味覚の変化は栄養不足のメッセージです。




Q1.≪妊娠して味の好みが変わるのは、当然の事なのでしょうか?≫

 急に酸っぱいものが食べたくなったり、妊娠中、味の好みが変わること(味覚の変化)は、当たり前におこる現象と思われていますが、実は、これは軽い味覚異常なのです(NHK報道など)。

実際、妊娠して味の好みが変わった妊婦さんは、軽い亜鉛欠乏状態にあると思われます。

オイスター 妊娠 味の好み


Q2≪ミネラル不足からも『つわり』がおきるということは本当ですか?≫

 ミネラルなどが不足するとホルモン、酵素の活性低下し、妊娠時に生じる体の変化に充分に対応できなくなります。
これが『つわり』の原因の一つです。

 この変化に負けない対応力をつけるためには、バランスの良いミネラル・ビタミン補給を行い、しっかりと生理活性の維持をすることがとても大切です。

 オイスターには、妊婦さんに必要なミネラルがバランス良く豊富に含まれていますので、安心して気軽に補給することができます。

オイスター つわり 


Q3、≪ミネラルが足りなくなると、抵抗力が低くなると聞きますが・・・?≫

 亜鉛、鉄、銅、セレン、マンガンなどの微量のミネラル不足で免疫機能は低下しますが、その中でも亜鉛が不足した時に最も低下します。
つまり、亜鉛は抵抗力(免疫力)の維持に決定的な働きをしているということなのです。

 亜鉛不足では、風邪の菌などを撃退するマクロファージ、リンパ球(T細胞亜群)などの数と活性が低下し、免疫力は目に見えて低くなります。

オイスター T細胞 ウイルス オイ


Q4.≪妊娠中は風邪をひきやすいというけれど?≫

 先に述べましたように、母体は自分を犠牲にしてでも体内の亜鉛を胎児に与えようとします。
そのため抵抗力(免疫力)も低下しやすくなっています。
ですから、この亜鉛欠乏が、妊婦さんの風邪ひきの原因となります。
免疫力の維持のために亜鉛の補給を心がけ、妊娠中の風邪ひきに注意しましょう。
 
オイスター 妊娠中 かぜ



つづく・・・





=============================

健康の土台となるのは、良い食事とそれを補うサプリメント(自然健康食品)、適度な運動、良い水、正しい呼吸、休息・睡眠、排泄です。
解毒、抗酸化・抗糖化、血流、栄養の4つが大事です。

お気軽にご相談ください。

お問い合わせ(メール)⇒こちらからお気軽にどうぞ

お電話⇒
0955-62-2307

 


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス(ブログには公開されません):

ホームページURL:

コメント:

認証(表示されている文字列を入力してください):
hv6h