TOPICS

酵素とは?〜そもそも酵素って?〜

体内酵素 消化酵素 代謝酵素



そもそも「酵素」って?  

酵素は、私たちの体内に存在し、食べる、血液をつくる、筋肉をつくる、体を動かす、眠る、排泄するなど、

あらゆる生命活動のために働いています。

その種類は「消化酵素」と「代謝酵素」に大別されます。

消化酵素は文字通り、食物を栄養として吸収する消化の過程に欠かせない酵素です。

いっぽう、代謝酵素は吸収した栄養で体をつくる酵素です。

これらの酵素を体内で生産する力は年齢とともに低下していきます。

さらに現代人は偏った食生活や不健康な生活習慣により、酵素を大量消費する傾向にあります。

そのたため、酵素を食事で補わなければなりません。

酵素を多く含むのは、主に新鮮な野菜や果物、発酵食品などです。

かつての日本では、生野菜や果物、発酵食品から食物酵素を摂っていました。 しかし現代では、

食の欧米化により食べものから酵素を摂る機会が減っています。



【健康と美容に欠かせない、体内酵素の働き】

人の体内には約3000〜5000種類もの酵素があると言われており、体内でのほぼすべての活動に関わっています。

新陳代謝を活発にする。  

免疫力を向上させる。  

自然治癒力を高める。

血液を浄化する。  

ホルモンバランスを整える。  

神経の働きを正常化する。

体内の毒素を排出する。 

余分な脂肪を燃焼する。




【現代人の体は、体内酵素が不足しがち】

私たちの生活には体内酵素を浪費する要因がたくさんあります。

加工食品の摂りすぎ。  

精製された食品の摂りすぎ。

食べ過ぎ、嗜好品の摂りすぎ。  

化学物質の摂取。  

不規則な生活習慣。




従来の酵素を超える、MREが生んだ新酵素というものがあります







〜MRE新酵素開発者より〜■自然免疫を活性化する驚くべき新酵素
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス(ブログには公開されません):

ホームページURL:

コメント:

認証(表示されている文字列を入力してください):
ha1m