TOPICS

素材の解説

素材の解説


●灯盞細辛(とうさんさいしん)<灯盞花(とうさんか)>:キク科


 中国雲南省の原始林に自生しているキク科の植物で、茎が長く葉が短い特徴をもつ。


成分:

全草にはフラボン、ラクトン、揮発油、アミノ酸を含む。

スクテラレイン(フラボノイドの一種)を主たる有効成分とし、その他にピロメコン酸、スチグマステロール、エルゲドシロなどがある。


作用:


血小板凝集抑制、血栓形成制御、血栓溶解、血管抵抗性低下、冠動脈血流量増加、微小循環障害の保護作用



適応症:

伝統漢方の脳卒中治療薬(脳血管障害による麻痺を治療する)として知られる。

止痛、リウマチ四肢麻痺、胸痛、消炎、脳炎後遺症





新五浄心 トウサンサイシン スイテツ




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス(ブログには公開されません):

ホームページURL:

コメント:

認証(表示されている文字列を入力してください):
euve