TOPICS

スクアレンの特徴的なはたらき<免疫調節作用>|活性スクアレン

スクアレンの特徴的なはたらき深海ザメ スクアレン


スクアレンの主なはたらきは、酸欠が起こったところに酸素を補い、生体のはたらきの調節を行うところにあります。

このことに関連して次のような特徴的な作用を示すことが分かっています。


〜免疫調節作用〜

 スクアレンには体を防衛する免疫機構の活性化を促進したり、過剰になった免疫を正常化したりする免疫調節のはたらきがあります。

については転移と増殖を抑制する作用があり、それが免疫賦活作用に基づくという研究結果が国立がんセンター研究所から発表されて注目されました。

それはかなり前のことでしたその後米国癌学会(1999年、フィラデルフェア)でスクアレンが癌に効くという研究発表が行われ、改めて話題になりました。


 サメ肝油の成分であるスクアレンは、辻本博士が先駆けとなって研究した結果明らかにされたものですが、米国癌学会の発表には注目すべきものがあります。

すなわちタバコを吸えば肺癌になりやすいことはよく知られています。

それはダバコ特有のNNK(メチルニトロソアミノピリジルブタノン)という非常に強い発癌物質が関係していますが、スクアレンはその発癌作用を抑制してくれるというのです。

米国癌学会でのもう一つの発表では、難治性癌である膵臓癌にスクアレンが効くということを、ヒトの癌細胞をマウスに移植してその結果を示しています。

癌に関してはその他に腫瘍プロモーター(促進因子)の活性を抑制するという研究結果もあります。


 このようなスクアレンの作用は、T細胞(リンパ球)などの免疫担当細胞の活性を高めて抗癌作用を示すことが多くの研究者によって解明されてきました。また最近スクアレンがNK細胞(ナチュラルキラー細胞、リンパ球の一種)を活性化することもわかってきました。

 疫学調査では、スクアレンが多く含まれているオリーブ油をサラダ油として大量に摂っているイタリア南部では、オリーブ油摂取量の少ない北部よりも肺癌の死亡率が有意に低いという結果が出ています。

サラダ

 このようにスクアレンは重要なBRM(生体応答調整物質)であり、しかも生体内で作られている物質であることは、生命の神秘というか進化の遺産ともいうべきか、人間や動物の生命にとって大切な物質であることは間違いありません。



サメミロン




お問い合わせ(メールコチラからお気軽にどうぞ

お電話⇒ 0955-62-2307




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス(ブログには公開されません):

ホームページURL:

コメント:

認証(表示されている文字列を入力してください):
gjgg