TOPICS

糖尿病予防と食事療法のお話|
オイスター

糖尿病予防と食事療法のお話|牡蠣肉エキスオイスター

店頭でお配りしている、「糖尿病予防と食事療法のお話」の小冊子の中から、紹介いたします。

糖尿病予防 食事療法



このごろのあなたの体調は?

・食べ物の好みが変わった。
・味付けがよくわからない。
・食欲が急に増えた。
・食べても、食べても満足感がない。
・体がだるく疲れやすい。
・根気がないな、と思うことがある。
・やたらとのどが渇き、尿の量や回数が増えた。
・近頃、めっきり痩せてしまった。

 こんなあなたは・・・・・・

糖尿病の予備軍かも?!

 糖尿病予備軍の20%〜60%方は、糖尿病を発病しています!

 糖尿病は、脾臓で作られるインシュリンという血糖値を低下させるホルモンの働きの低下(インシュリン抵抗性)や分泌量減少(インシュリン分泌不全)のため、血液中の糖分が異常に高くなる病気です。

糖尿病は異常に増えた老廃物や血糖のため、血液がドロドロになり、進行すると動脈(管障害)などの合併症がおこります。

次のような病状が方は、糖尿病または、糖尿病予備軍かもしれません。



◆体がだるく疲れやすい

 激しい運動や無理な労働をしたわけでもないのに体がだるく、疲れやすい。
 食後眠い人は要注意です。


◆食欲が急に増した

 食欲が急に増して、食べても、食べても空腹感が残り、甘いものがむやみに食べたくなる。


◆のどが渇き、尿の量が増えた

 のどが渇くので水を多く飲むため、尿の回数も増えた。夜中に小便に何度も起き、また水をたくさん飲む。
これは代表的な糖尿病の症状です。


◆体重が減る

 糖尿病は初期の段階では自覚症状がほとんどありません。
上のような病状に気付いた時は、すでにかなり進行いることが多いのです。

 また糖尿病にかかっていても、活動的食欲もある方が多く、この[自覚症状がない」ことと[糖尿病は意識したことがない]ことが、発見を遅らせ、進行させてしまう一因となっているのです。

 糖尿病患者は推定690万人と言われ、そのうち自覚している方は1/4である。と学術報告されています。
そして、糖尿病患者は、この10年間で約3.5倍に増加したと言われています。
さらに、糖尿病予備軍は日本人の20%(約2000万人)達するとあります。
(最新のデータ<2011年調査>では、約3,000万人、4人に1人が糖尿病予備軍と言われています)

 糖尿病予備軍と言われる境界型は、すでに中性の上昇、善玉コレステロール(DHL)は低下しています。

また空腹時血糖値は140mg/dl未満ですが、インシュリンの作用障害が始まっています。
残念なことにこの境界型の方のうち20〜60%は、5〜10年で糖尿病を発症すると言われています。

 糖尿病とその予防には、食事療法と運動療法が大切です。





ワタナベオイスター


若蘇源



お問い合わせ(メール)⇒こちらからお気軽にどうぞ

お電話0955−62−2307



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス(ブログには公開されません):

ホームページURL:

コメント:

認証(表示されている文字列を入力してください):
0u0n