TOPICS

GOT・GPT値が高くなるのは、肝臓が傷んでいるからです|オイスター

GOP GPT 肝臓

GOT・GPT値が高くなるのは、肝臓が傷んでいるからです|牡蠣肉エキスオイスター

 健康診断などで、GOT・GPTという言葉を耳にすることがあると思います。GOT・GPTとは肝臓の中にある酵素の一種です。

 ところで、お酒の飲みすぎや、過労、薬物摂取、またウイルス性肝炎では、肝細胞が壊されてしまいます。

すると、本来ならば肝細胞の中で働いているGOT・GPTなどの酵素が、肝細胞の壊された部分から、肝細胞の外に出てきます。

この時、血液中のGOT・GPTを測定すると、これらの数値が高くなっているのです。


 つまり、肝機能検査でGOT・GPTの数値が高いということは、肝細胞が壊されていることを意味します。

GOT GPT 肝細胞 血管


☆GOT・GPT値を下げるには☆

〜肝臓修復のポイントは、タンパク合成能のアップ!〜

 肝細胞の壊れた部分が修復されると、肝細胞から血液へのGOT・GPTの流出は止まります。

そして、血液中のGOT・GPTの数値が下がり始めます。

ですから、肝機能数値であるGOT・GPT値が低下したということは、肝細胞が修復されたことを意味します。

 ところで、肝細胞は、タンパク質でできています。

ですから、タンパク合成の能力が促進されれば、タンパク質はどんどん合成され、壊れた肝細胞は速やかに修復されます。

また、新しい肝細胞がつぎつぎと合成されるようになります。

 つまり、肝細胞の修復・再生を促進するポイントは、タンパク合成の能力をアップさせることです。

そのためには、タンパク合成に関与する酵素の活性(働き)をアップさせることが重要です。


 これらの酵素を活性化させている栄養素が、亜鉛などの微量ミネラルなのです。





ワタナベオイスター


お問い合わせ(メール)⇒こちらからお気軽にどうぞ

お電話0955−62−2307







この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス(ブログには公開されません):

ホームページURL:

コメント:

認証(表示されている文字列を入力してください):
vie6