TOPICS

微量ミネラル不足では、T細胞の免疫力の低下で肝炎の悪化傾向が強まる!|オイスター

微量ミネラル T細胞 免疫力 肝炎

微量ミネラル不足では、T細胞の免疫力の低下で肝炎の悪化傾向が強まる!|オイスター

 ウイルスなどの外敵から身体を守る働きを免疫と言います。

免疫機能が正常に働くためには、ミネラルの亜鉛、鉄、セレンなどが必要です。

そして、これらの中でも亜鉛は、免疫機能を担う代表的なミネラルとして注目されています。

 ところで、亜鉛が不足すると免疫機能の中で非常に大切な働きをするT細胞という細胞の機能が低下し、数も減少してしまいます。

 このT細胞は、胸のところにある胸線という臓器で作られます。

胸線で作られたT細胞は、血液に乗り肝臓に到着し、肝細胞の中に隠れ潜んでいる肝炎ウィルスを発見し、細胞障害物(インターフェロン)を分泌して、肝炎ウィルスを攻撃、排除してくれます。

T細胞 胸腺 肝細胞 インターフェロン 

 ところが、亜鉛、セレン、鉄、銅などのミネラル欠乏、ビタミンB1、葉酸などのビタミン欠乏は、T細胞の減少や機能の抑制をもたらします。

その中でも亜鉛欠乏では、サイムリンという胸線ホルモンの活性低下、胸線の明らかな委縮を引き起こし、最も顕著なT細胞の減少や機能の低下をもたらします。

胸腺 栄養不足 ビタミン・ミネラル 亜鉛 肝炎 肝硬変

 免疫力が低下したT細胞では、肝炎ウィルスの発見が遅れとインターフェロン分泌機能の低下などで攻撃力が弱まり、充分な肝炎ウィルスへの攻撃ができなくなります。

 そのためウィルスは、猛威をふるい続けて、慢性肝炎、肝硬変へと悪化する傾向が強くなります。


亜鉛補給が免疫力維持のポイント!

〜肝臓を守る亜鉛パワー〜

 肝炎ウィルスから肝臓を守るためには、ミネラル類、特に、亜鉛の補給を行い、丈夫な胸線を作り、その胸線から正常なT細胞を作らせ、免疫力を維持させることが重要です。

この免疫力の維持が、ウィルス性肝炎を悪化させないポイントといえます。

 また嬉しいことに、亜鉛欠乏によって生じた胸線の委縮、胸線ホルモンの活性低下、T細胞の減少、機能低下など免疫機能の低下は、亜鉛摂取により改善、回復されます。

 しっかり亜鉛補給を行い、T細胞の免疫力を維持したいものです。


一口メモ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 T細胞はウィルスを攻撃する時に、インターフェロンという物質を分泌します。

このインターフェロンがウィルスを殺しわけです。

ところで「インターフェロン」は薬の名前として知られていますが、実は、私たちが体内に持っている分泌物の名称です。

 T細胞の弱い人は、インターフェロンの分泌が充分でないため、ウイルスを殺す能力が低いのです。

胸線に充分栄養を与え、丈夫な胸線作りを心がけたいものです。





ワタナベオイスター


お問い合わせ(メール)⇒こちらからお気軽にどうぞ

お電話0955−62−2307






この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス(ブログには公開されません):

ホームページURL:

コメント:

認証(表示されている文字列を入力してください):
2e9o