TOPICS

人間の体を構成する細胞|活性スクアレン

〜人間の体を構成する細胞〜  深海ザメ スクアレン
((『より深くスクワレンの謎を解く』〜生命の維持に必要不可欠な物質〜)より


 近年、食生活の欧米化や自然環境の破壊による大気や水の汚染、仕事や人間関係の複雑化によるストレス過多、車社会の進展による運動量の減少など、体内の必要酸素が足りなくなる要因が増えています。

そこで不足しがちな酸素を補ってやることが健康維持、病気予防の最も効果的な方法といます。

 私たちの体は、約60兆個という細胞によって構成されています。
 
その細胞は絶えず新陳代謝を行い、また分裂しておいくことで新しい細胞を作っています。

この細胞は片時も酸素無くして生きてくことはできません。

そのいい例が呼吸です。

食事は一週間摂らなくても生きていけますが、呼吸は数分間できなければ、死なないまでも重篤な脳障害を引き起こします。

このような極端な例ではなくとも、酸素が欠乏すれば細胞のはたらきが弱くなり、病気にかかる確率が高くなります。

 かつて、野口英世博士は、

「人間の病気、体内の痛みというものは、細胞が酸欠で死んでしまうというものは、細胞が酸欠で死んでしまうから起こるものだ。

だからまず酸欠を治すことが大切なのだ。

体内に酸素を送ってやるのは赤血球の中のヘモグロビンである。

だからそのヘモグロビンの代替え品を探せ!」

という示唆をされたそうです。

このことは酸素の重要性を示すという点で今日でも生きている言葉です。


 ヒトの赤血球の中のヘモグロビンの量は、50歳を超える頃になると25歳頃に比べて実に70%くらいにまで減少するといわれています。

それだけ酸素を摂れなくなってしまうために、病気になったり老化したりしまうのです。



サメミロン




お問い合わせ(メールコチラからお気軽にどうぞ

お電話⇒ 0955-62-2307







 

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス(ブログには公開されません):

ホームページURL:

コメント:

認証(表示されている文字列を入力してください):
vs8c