TOPICS

スクアレンとは?|活性スクアレン

〜スクアレンとは〜      深海ザメ スクアレン    

スクアレンは本来体内で作られている物質で不飽和炭化水素よりなるものです。

リンパ節や骨髄、副腎、肝臓、皮膚などの免疫担当細胞に多く分布し、生体防衛力を強めます。

また細胞賦活作用や抗酸化作用をはじめ、血流改善作用や皮膚防護作用なお生体にとって有用な多くの調整作用をもっており、生命の維持には必要不可欠な物資です。

 スクアレンは、皮下脂肪に最も多く分布しており、その量は性別や年齢によって差があります。

10代後半の女性に最も多く、この時期の女性の肌はスクアレンの恩恵を受けて細胞のはたらきが活発でイキイキとしており、潤いと弾力性に満ちています。

しかしスクアレンは25歳を過ぎると次第に減少し始めます。

化粧品のコマーシャルで「25歳はお肌の曲がり角」とうたわれていたのは、まさにこのスクアレンの挙動に一致します。



サメミロン




お問い合わせ(メールコチラからお気軽にどうぞ

お電話⇒ 0955-62-2307






この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス(ブログには公開されません):

ホームページURL:

コメント:

認証(表示されている文字列を入力してください):
fixg