TOPICS

スクアレンの特徴的なはたらき<皮膚防護作用>|活性スクアレン

スクアレンの特徴的なはたらき 〜皮膚保護作用〜深海ザメ スクアレン

スクアレンは(浸透作用の項)でも述べたように皮脂線を構成する主成分であることから、皮脂線が本来果たすはたらきの主役であることはいうまでもありません。

すなわち皮膚の潤い、ハリ、外界の刺激や侵入物からの防御です。

そのなかでも特にスクアレンの皮膚におけるはたらきとして次のことがわかっています。

 スクアレンを、皮脂における貴重な脂溶性抗酸化物質であるビタミンEとコエンザイムQ10(CoQ10)との皮脂中共存下で紫外線にさらすと、ビタミンEとCoQ10がまず分解され、スクアレンは分解されずにそのまま残ります。

つまりスクアレンはビタミンEとCoQ10に護られているということです。

これは皮膚における重要性からみれば、生物反応の合目的性(大切なものを最後まで残す)として理解できます。

その他にもスクアレンには(抗酸化作用の項)でも述べたように一重項酸素(活性酸素のひとつ)を除去することによって、皮膚における脂質の過酸化を防ぎ、皮膚を紫外線から護るはたらきがあることが解明されています。






お問い合わせ(メールコチラからお気軽にどうぞ

お電話⇒ 0955-62-2307






この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス(ブログには公開されません):

ホームページURL:

コメント:

認証(表示されている文字列を入力してください):
8ou6